Holiday Photographer Nishizawa's Diary

セルロイドと白梅の香り

 先日 撮影したフィルムの現像が上がって来ました。
デジタルと違って撮影から実際に絵を手にするまでには、驚くほど時間がかかる撮影後直ぐに確認のできるデジタルとはエライ違いだ。
フィルムを巻きあげる感覚と中版カメラのファインダーの美しさは、やはり別格。
6x6というフォーマットも撮影の緊張感を高めてくれる。
白梅の香りに誘われて、ゆっくりとした時間を過ごすのは、実に贅沢な事なのかもしれないなぁ…などと柄にもないことを考えてしまうあたりが少々恥ずかしい。

撮影データ
 [HASSELBLAD 205TCC , Planar 110mm f2 FE , F2.8 ,Velvia 50]
f0113349_11163637.jpg

[PR]
by S_Nishizawa | 2010-02-26 09:46 | HASSELBLAD | Comments(2)
Commented by falcokuma3 at 2010-02-26 23:14 x
私も遅ばせながら行ってきましたよ♪ 中判カメラならではの深みの有る画ですよね。
でも、お隣ではデジタルで連射バンバンではなかったですか?・・・爆
私もゆっくり撮りたい・・・爆
Commented by S_Nishizawa at 2010-02-27 17:05
falcokuma3さん
コメントありがとうございます。
私は、この色が好きでまだフィルムを止められません。
お隣は連射バンバンでしたが、シャッター音は、こちらの方が大きいので負けませんでした(爆)
<< 新レンズのテストとか 梅の香りのなかで >>



Nishizawa の写真日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31