Holiday Photographer Nishizawa's Diary

木星撮影に挑戦 その3

 3連休最後の夜、穏やかな夜になったので再び木星にチャレンジして見ました。
今回はカメラレンズと5倍バローの組合せです、天体望遠鏡に比べて口径は大きく(102mm⇒142mm)なったせいか、シーイングの影響かは不明だけど今回の方が解像感は上がった様な気がする。
一番違っていたのはカラーバランスでカメラレンズの方がRGBのバランスは良い(ちょっとGが強いかな)様だ。
ただピント合わせは大変、この辺りは天体望遠鏡の方が使いやすい。
しかし、木星ってどっちが上なんだろう、今一上下が良く解らない。
f0113349_23231195.jpg

[PR]
by S_Nishizawa | 2011-10-10 23:23 | 天文 | Comments(2)
Commented by falcokuma3 at 2011-10-11 18:45 x
お疲れ様です。
ん~~、確かにカラーバランスはカメラレンズの方が良いですよねー
5倍バローで之だけ解像するのは、如何に856が優れているかですよね♪
Commented by S_Nishizawa at 2011-10-11 20:02
>falcokuma3 さん
私も5倍バローでここまで解像するとは思っていませんでした、流石856と言う感じです。
ただTSA-102の方も他の人の作例を見るともっと解像しているのでやはり口径よりシーイングの差が大きいのかなぁという感じです。
<< またまた木星です 初秋の一日 >>



Nishizawa の写真日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31